Category Archives: Seesmic Japan

Seesmic for Android、v1.6で新たにFacebookをサポートし、さらにTwitLonger対応など大幅に機能を向上!

Seesmic for Android は私たちが提供しているアプリの中でもダントツの人気がありますが、それには理由があります。そして、本日その人気の理由にさらに拍車をかけるような機能を最新のアップデートで提供します。まずは追加された機能の一部をビデオを英語ですがご覧ください。詳しい追加機能はビデオの後で。

Seesmic for Android バージョン1.6では次のような新機能を追加しました:

  • Facebookをサポート!もちろんFacebookページも対応 – Facebookのアカウントを追加することでニュースフィードを見たり、コメントしたり、「いいね!」と言ってみたり、さらにはFacebookページ機能の実装により管理しているFacebookページへの投稿などももちろん可能です。

4 

6

  • TwitLongerをサポート – TwitLongerを統合させることで、140文字以上のツイートも投稿可能になりました。TwitLongerを使うか使わないかはその都度選択できます。自動対応の設定も可能です。

10

  • ウィジットの対応サービスを追加 – 人気のウィジットもTwitterだけでなく、Facebook、Chatter、Google バズ、全てのサービスに対応しました。

3

  • インラインコメントに対応 – ChatterとGoogle バズでは、タップして表示する更新内容画面にインラインコメント機能を実装しました。
  • 「リツイートした人」機能を実装 – ツイートをリツイートした人のリスト表示に対応。リストからリツイートしたユーザーを確認することが出来ます。
  • ツイートの取りこぼしを解消 – 長時間クライアントを更新しなかった際などに発生するツイートのギャップ(取りこぼし)を判断し、該当期間のツイートを取得し直す「取りこぼしたツイートを読み込む」機能を実装。
  • 短縮URL Goo.glのサポート – 今最もっともホットなGoogleのURL短縮サービスの対応。

さぁ、新しく追加した機能はいかがでしょうか?是非ご自分の端末で新しい Seesmic for Android を試してみてください。 アプリはAndroid Marketplaceから直接あなたの端末にダウンロードすることも可能です。お楽しみください!

Posted by admin in Android, Seesmic Japan | Permalink | Comments (0) | TrackBack (0)

Seesmic for Windows Phone 7、アップデートでSalesforce Chatter、Facebookページなど様々な追加を機能。

私たちは昨年11月にSeesmic for Windows Phone 7をリリースした以降もアプリに改良を続けています。WP7端末の発売以降、急上昇している人気を見ながら、Seesmicが支持される理由となっている様々な機能を可能な限りこのアプリにも追加したいと思って来ました。

そして今回、Seesmic for Windows Phone 7アプリの最新アップデートで次のような新しい機能と改善良を加えました:

- Salesforce Chatterのサポート: Chatterアカウントをスペースに追加することで、Chatterからのフィードの確認、アップデートへのコメント、投稿、グループとそのフィードの表示が可能です。

NewImageNewImage

- Facebookページとプライベートメッセージのサポート: 管理しているFacebookページへの投稿、および新規作成画面のアカウント選択で受信箱のメッセージの確認が可能に(確認のみ)

NewImage


- ツイートを英語に翻訳する機能をアクションメニューに追加

NewImage

- Landscape(横長)モードを新規作成画面に実装(引き続き改善中)


NewImage

- コンテキストメニューで素早いアクションが可能に。コンテキストメニューはツイートやユーザー、ダイレクトメッセージの長押しに実装

NewImage

- 新規作成画面で添付ファイルの確認や管理がアップロード前に可能に
- アップロードする写真のサイズの選択が可能に
- 一般公開されているツイートのスレッド(会話)の確認がツイート内で “in reply to” をタップすうことで可能に
- ダイレクトメッセージのスレッド(会話)の全削除が可能に
- 複数のバグ修正

Salesforce Chatter機能の追加や数々の改善を行った今回のSeesmic for Windows Phone 7もあなたの期待を裏切ることはありません。最新版のSeesmic for Windows Phone 7は、こちらのプロダクトページからダウンロードが可能です。お楽しみください!

(現在、Seesmic for Windows Phone 7は英語版のみの提供です)

 

Posted by Loic Le Meur in Seesmic Japan, Windows Phone 7 | Permalink | Comments (0) | TrackBack (0)

Seesmic、4百万ドルの資金調達

米国カリフォルニア州サンフランシスコ発 – 2011年2月1日(現地時間)様々なモバイル・デバイスを通じてソーシャル・ネットワークのモニタリングを可能にするアプリケーションのリーディングデベロッパーであるSeesmic(所在地:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、創業者および最高経営責任者:ロイック・ル・マール、以下Seesmic)は本日、セールスフォース・ドットコムおよびソフトバンクグループの一員である米国ソフトバンク・ホールディングス・インクが管轄する子会社から4万ドルの資金調達を受けました。

Seesmicはソーシャル・ネットワークとモバイル・デバイス上で企業が自社ブランドのモニタリングやエンゲージメント、ブランド構築を行う支援を行っています。『Seesmic Desktop』は、TwitterやFacebook、その他の様々なソーシャル・ネットワーク上でやり取りされる自社ブランドについてのコメントをリアルタイムで監視したり、その影響の活用を可能にする単一のコンソール画面を提供しています。『Seesmic Desktop』は現在、各種のパーソナルコンピュータOS上で動作すると共に、米国アップル社のiPhone、米国グーグル社のAndroid OS端末や米国マイクロソフト社のWindows Phone 7 端末、およびカナダResearch In Motion (RIM)社のBlackBerryといった様々なスマートフォンと連携が可能です。

企業向けクラウドコンピューティング(http://www.salesforce.com/jp/cloudcomputing/)のセールスフォース・ドットコムとソフトバンクグループが今回新たにAtomico社、Omidyar Network社、Wellington Partnersといった出資メンバーリストに加わることになります。Seesmicは、前回までの第三者割当増資を含めて今までに合計1千6百万ドルの資金調達に成功しています。

Seesmicとセールスフォース・ドットコムは『Seesmic Desktop』とセールスフォース・ドットコムが提供する企業向けソーシャル・コラボレーション支援アプリケーションおよびプラットフォームである『Chatter』とのシームレスな統合のために6ヵ月以上の間共同作業を行って来ました。
『Chatter』は、FacebookやTwitterでお馴染みのソーシャル機能 — プロフィールの公開/非公開、ステータスの更新、リアルタイムなフィードなど — を実装し、従業員の間で同僚の書類を“フォロー”させるたけでなく、同僚のプロファイルを確認したり、ファイル共有やステータス更新、ビジネスプロセスの共有、アプリケーション更新など、部門間あるいは組織間の壁を超え新たなレベルの生産性の向上を可能にしています。

『Chatter』との統合によって『Seesmic Desktop』はセールスフォース・ドットコムのユーザーがTwitterやFacebook上で顧客のコメントを常にフォローする事を可能にしました。

「セールスフォース・ドットコムは素晴らしいパートナーです。私たちは彼らと共に作業することで『Chatter』を使って企業内コラボレーションと社外のソーシャル・コミュニケーションとの橋渡しを可能にしました。今回の資金調達によって、私たちはより多くの企業向けソーシャル・コミュニケーション層の顧客にリーチできると確信しています。」とSeesmicの最高経営責任者、ロイック・ル・マールは述べています。


Seesmicについて
フランス人起業家として有名なロイック・ル・マールによって2007年に創業されたSeesmicは、中小企業のビジネス構築やエンタープライズ・ビジネスのブランド支援のためのアプリケーションを開発しています。Seesmicを利用することで、利用者はワンクリックで50以上の様々なソーシャル・ネットワークにメッセージを配信できます。Seesmicはフォロアーと対話したいエンドユーザーから、顧客へのエンゲージメントに注力するコミュニティーマネージャー、ソーシャル・メディアでのブランド管理を行っている有名企業のブランドマネージャーなど、様々な方に活用されています。

Posted by Loic Le Meur in Seesmic, Seesmic Japan | Permalink | Comments (0) | TrackBack (0)